AGAの治療

最近は男性でも女性でも薄毛に悩む人が多くなってきています。医療機関に行って積極的に薄毛治療をしている人も増えているそうです。大阪にも薄毛治療・AGA治療ができる医療機関があります。 薄毛やAGA治療は基本的に自由診療なので、継続すると一か月1万円以上、年間にして12万円以上の医療費がかかります。ノーニードルメソセラピー、育毛ローション、育毛サプリなども含めると年間50万円以上かかることもあります。 お得に治療をしたい場合は、総合病院など一般の医療機関がお勧めです。一般の病院は治療法が限られていますが、その分医療費が専門病院よりも安くなっています。大阪にもAGA外来がある総合病院があります。専門病院に行くよりも敷居が低く通いやすいのも魅力です。

大阪の一般的な医療機関でAGA治療をした場合の医療費について調べてみました。男性用薄毛治療内服薬「フィナステリド」は28錠入りで8千円が相場です。フィナステリドは一日一錠飲むものなので、約一カ月分です。「ミノキシジル」は50日分12,000円ほどが平均的な価格です。「アボダート」は30日分6,000円が平均価格です。 ミノキシジル配合の育毛ローションは、一カ月分8,000円〜10,000円が相場です。ミノキシジルの含有率が高いほど価格が高くなります。女性用の飲む育毛剤、「パントガール」は、90錠で10,000円が平均的な価格です。大阪にも沢山のAGA治療クリニックがあるので、最初にホームページの料金表で料金を確認してから行くことをお勧めします。